渋谷研究室

English version

研究室紹介

本研究室では、計算生物学(バイオインフォマティクス)におけるアルゴリズム、特に巨大データに対するアルゴリズム研究を行っています。
分子生物学や医学、薬学、といった分野では、近年様々な実験技術の発達により、非常に多岐にわたる様々なデータが指数関数的な速度で蓄積されています。特にDNA解析技術、タンパク質立体構造解析技術の発達などは特筆するべきものがあります。一般的にバイオインフォマティクスあるいは計算生物学とよばれている分野は、そういった膨大なデータ(ビッグデータ)を計算機を用いて解析する研究分野のことをいいます。本研究室では、それらのデータをただ解析する、というだけでなく、そのための計算アルゴリズムを理論・実践両面から広く・深く研究を行うことによって、この分野に新しいアプローチを提供して革新をもたらすことをめざして、バイオインフォマティクス応用、情報科学的な基礎の両面から研究を行っています。
本研究室のより具体的な研究テーマとしては以下のようなテーマがあります。

研究室メンバー

一緒に研究をしたい、という方へ

本研究室は、東京大学 医科学研究所 ヒトゲノム解析センター シークエンスデータ情報処理分野(分野長:宮野悟教授)に属しており、ヒトゲノム解析センターの誇るスパコンを駆使して研究を行う環境も整っています。同大学理学部 情報科学科から学部4年(冬学期)の卒業研究配属の方を、同大学大学院情報理工学系研究科 コンピュータ科学専攻から修士課程および博士課程の方を受け入れています。本研究室の研究に興味がありましたら、いつでもお気軽にコンタクトください。また、企業の方などで、社会人博士課程や共同研究等を希望される方もお気軽にご相談ください。

本研究室で過去に開発したソフトウェア・プロジェクト

アクセス

研究室は東大白金台キャンパスにあり、六本木ヒルズや東京タワーなどの夜景がとてもきれいです。


Copyright (c) 2008- Shibuya Lab.. All rights reserved.